【しじみ.net】トップ > しじみのレシピ

しじみは、味噌汁や炊き込みご飯にというのが、伝統的ないただき方。

しじみは、味噌汁や炊き込みご飯

しじみは、味噌汁や炊き込みご飯にというのが、伝統的な食し方です。
現在では、科学的にも、豊かなる栄養を秘めた優れた食材であることが明らかになってきて、レシピを工夫して食卓に上る機会をどんどん増やし、食生活の幅を広げたいものです。
しじみはコハク酸などの旨み成分が豊富で、自己流のレシピで調理したとしても、それなりに美味しく味わうことはできます。
よりおいしく味わう方法はないかと、書籍やネットを参考にするのも結構なことなのですが、我が家自慢のレシピを編み出し、ブログなどで情報を発信すれば、調理方法のレパートリーはさらに広がります。
しじみは、貝が付いた状態、すなわち生きている状態で買ってきて、砂抜きをしてから使うのが通常ですが、むき身を乾燥させたものであれば、そのまま使えて便利です。
炊き込みご飯、チャーハン、あえ物、煮付けなどのレシピに、今や必須の食材と言えます。
しじみは、大ざっぱに言って、夏が旬でありますが、種類さえ問わなければ、一年中いつでも使って良い食材です。

素材自体から良いだしが取れることから

素材自体から良いだしが取れることから、調理の際は、油を使わず、味付けは薄めにするのが、レシピの基本事項です。
しじみは、健康食としてはもちろん、生きた肝臓薬の別名を持つくらい、民間療法的な利用のされ方もなされていた一面があります。
例えば、黄疸に効くレシピに、しじみのにだし汁に、キンシン菜の戻し汁を合わせ、キンシン菜、トウガン、ニンジンなど、黄疸に効果的な野菜を入れて煮込むといった具合です。
栄養的に優れているのは言うまでもなく、味噌汁でもスープでも、常食といえるほど身近な食材としたいものです。

しじみのサプリメント一覧リンクはこちらしじみサプリ一覧表