【しじみ.net】トップ > しじみ習慣 > 一般的には中国産が多く出回っているのですが、

一般的には中国産が多く出回っているのですが、

一般的には中国産が多く出回っているのですが、しじみ習慣の場合、台湾東部の花蓮で採取された黄金しじみが原料というのが特徴的です。
黄金しじみは、貝殻が黄色みを帯び、光の加減によっては、金色に見えないこともないと言われます。
花蓮周辺は、言わば開発に取り残された地域で、農薬や工場廃液による汚染の心配がないクリーンな環境が幸いし、開発者をうならせるほどの健康的な貝が生育可能な環境が保たれています。
当地は、年間を通しての多雨地域で、豊かな森を通り抜けた水が、養殖池から絶えることなくコンコンとわき出し、貝採取の度に、砂を更新させるのが習慣になっているほど、生息環境にはこだわりがあります。
日本でも、水や川底が清浄だった頃は、貝の色が今ほど黒くなかったという人もいますが、さもありなんと言ったところでしょう。
しじみ習慣は、質的に最高クラスにランキングされる貝が原料となっている上、ソフトカプセルで飲みやすく、1日2粒の習慣で良いという手軽さも、好調な売れ行きを支えている模様です。
時折、キャンペーンの一環として実施される5日分のお試しも注目度大です。

「しじみ習慣」お申込・詳細はこちらからしじみ習慣

バナー原稿 300×250 (130218)imp
……この記事の全文をみる
しじみのサプリメント一覧リンクはこちらしじみサプリ一覧表
しじみ習慣
しじみは、肝機能の向上など、小粒な中に並外れたパワーを秘めていることが明らかになっています。

前の記事 | 次の記事

関連記事