【しじみ.net】トップ > オルニチンの効果 > オルニチンは、しじみに比較的多く含まれる

オルニチンは、しじみに比較的多く含まれる

オルニチンは、天然に存在するアミノ酸のひとつ。
しじみやだだちゃ豆などに比較的多く含まれるとされ、成長ホルモン誘導体でもあります。
肝臓内での尿素生成を行う「オルニチン回路」において重要な働きをすることが知られており、肝臓もふくめ、身体や健康を大切にしようとるす人にとっては、今や気になる成分の最右翼かもしれません。
しじみに多く含まれることから、「しじみを定期的に食べる」という人もいるようですが、サプリメントで摂ろうとする人も少なくありません。

さて、オルニチンは、1日にどの位摂取すれば良いのでしょう。
実は、その見解は専門家の間でも分かれています。
それでも、働きを実感できるという観点で見たとき、その摂取量は500~1000㎎/1日という範囲に落ち着くようです。
ただ、一般の食品だけでこれだけの量を摂取するのは、現実には不可能に近いかもしれません。
ということで、サプリメントでの摂取が、現実的な選択肢としては有力になります。

……この記事の全文をみる
しじみのサプリメント一覧リンクはこちらしじみサプリ一覧表
オルニチンの効果
オルニチンの効果についての研究がすすんでいます。オルニチンは天然に存在するアミノ酸のひとつ。しじみやだだちゃ豆などに比較的多く含まれるとされ、成長ホルモン誘導体でもあります。

 | 次の記事

関連記事